男性

様々なトイレトラブルの原因や対策を追求しよう

最善と最悪の対処法

トイレ

トイレットペーパーがつまってしまった場合には、つまってしまったトイレットペーパーを流してしまえば問題は排水つまりは解消します。そのために、最善の策と、最悪の策があります。まず、最悪の策から。それは、水を流すことです。大量の水を流してしまえば、水圧で押し流せるだろう。そう考えて、トイレに水を流してしまう人は多いようです。しかしこれは、排水つまりが起きてしまったときにもっともしてはならないことです。なぜなら、当然のことながらトイレはつまっています。水を流すことで解消する場合もあります。しかしそれは、とても危険な賭けになります。確証ができるまでは、決して水を流さないようにしてください。
では、最善の策とは何か。それは、ラバーカップと呼ばれる道具を使うことです。ラバーカップはゴム製のお椀が先端についた道具で、ホームセンターなどで売られています。ラバーカップの使用方法は至って単純で、つまっている便器内に挿入して、押し込み、引っ張るだけです。このとき、ゴム製のお椀の中心が凹むように、まっすぐ押し込むと効果的です。ラバーカップを使用することで、トイレ内につまっていた水の水圧が変化し、つまりの原因であったトイレットペーパーが勢いよく流れていきます。一度では解消しないこともあるので、何度か繰り返してみましょう。また、つまりが長引くと便器内の水分がトイレットペーパーに吸収されてしまい、水がなくなってしまうことがあります。ラバーカップを使用する際には、便器内に水が溜まっていなければなりません。その場合でも、トイレのノブをひねって水を流すと危険であるため、バケルやペットボトルに溜めた水を少しずつ流すようにして、溢れないよう気をつけましょう。